ヘルスケア大学の検索順位が落ちたGoogleの健康アップデート

Googleが昨年2017年12月6日に健康アップデートと呼ばれるアルゴリズムの変更を行いました。

それにより、アフィリエイトサイトだけでななく、様々なサイトの順位が低下しました。

その影響を正面から受けたのが、スキンケア大学内のヘルスケア大学でした。

健康アップデートはどのようなアルゴリズムの変更だったのか

今回の健康アップデートで検索順位を落としたのは、アフィリエイトサイトはもちろんのこと、ヘルスケア大学やいしゃまちなど健康や医療に関するまとめサイトでした。

この影響は医療分野だけではなく、サプリメントや健康食品などにも波紋を呼びました。

しかし、この影響下の中、むしろ検索順位を大幅に上げたサイトも沢山あります。

それは、医療機関や国や公官庁、医療機器メーカーのサイトです。

後述するアルゴリズムの変更の背景から考えると、今回のアップデートは多くのサイトの評価を下げたのではなく、医療機関などの専門サイトの評価を一気に高めたのではないかと思います。

 

健康アップデート実施の背景

医療分野や健康に関する情報に関しては正しい専門的な情報が大切になります。

よくテレビ番組でもありますが、特集した商品がバカ売れしたり、実はその情報には根拠がなかったというようなこと。

これは昨今ものすごく問題になっていました。

やはり正しい専門家が発信する情報でないとその情報に流された多くの被害者を生んでしまいますし、それをGoogleは恐れたのでしょう。

もし、誤った情報で健康被害が起きたとして、その責任の矛先はもちろん、誤情報を流したサイトですが、検索順位で上位にしてしまったGoogleにも少しの責任はあるでしょう。

一昨年閉鎖されたキュレーションサイトのwelqでは、誤った情報が検索順位の上位に乱立してしまっていることが問題となり、閉鎖に追い込まれました。

これは日本だけでなく、全世界のサイトでも同じような現象は起きていたでしょう。

それに歯止めをかけるためにGoogleはようやく怒りの鉄槌を食らわせたということですね。

ヘルスケア大学は医療機関サイトではない

今回のGoogleによる健康アップデートで、ヘルスケア大学の検索順位は大幅に落ちました。

つまり、Googleからするといくら医師監修と書かれているヘルスケア大学だとしても、医療機関サイトと認めていないわけです。

先日投稿した記事でも紹介している通り、特に最近の記事の質はかなり低くなっているという評価です。

皆さんもヘルスケア大学の記事をすべて鵜呑みにするのではなく、本当に自分の知りたい情報は、医師に診察を受けて正しい生の情報を聞くようにしてください。