WELQのサイト閉鎖の経緯とは?

DeNA「WELQ(ウェルク)」停止…まとめサイトの問題と経緯は

医療系サイト「WELQ(ウェルク)」ばかりかDeNA(ディー・エヌ・エー)が管理するまとめサイトで間違えた記述やコピーライト無視の転用がどんどんと探し出され、休止に必要に駆られた。

ライバル会社のウェブサイトでも、信憑性を欠いたり、無断転用したりした記述が発見され、救急処置に追われるなど、影響が広がりを見せている。バックグラウンドには「広告至上主義」「検索エンジンの上位表示スキル」の難がある。(IT記者・三上洋)

正しくない目次、コピーライト無視の転用・盗用

一流IT企業・DeNAが12月7日に記者会見を開き、マネジメントしていた10のまとめサイトストップと、間違えた医療記事・記事盗用等においてお詫びした。会談の中でDeNA最高経営責任者社長兼CEOの守安功氏は、記事内容に良くないことがあったこと、他サイトからの記述の適切でない引用がありましたことを容認してお詫び行なっている。

引き金になったのは、医療系サイト・WELQの中身だった。10月末に「死にたい」というフレーズでGoogleググると、WELQの広告記載記事が一番に記されていることが論点となった。記事は転職サイトの宣伝に流し込むものであって、「死にたい」といったキーワードで検索1ページ目に表示されるふうにページが出来上がっていた。

こういった論点がきっかけになって、WELQが徹底的に検証されることに繋がる。医療業界に精通したコラムニストの朽木誠一郎氏、検索エンジン最適化(サーチエンジンの上位に見られるための適正化)のプロである辻正浩氏、IT補佐の永江一石氏などが、WELQの中身や他のウェブサイトからの転用や盗用といった問題を研究。それを踏まえてネットメディア大型店のBuzzFeed(バズフィード)が、インサイドマニュアルを得た告発記事が出た。

そうした尋問によりDeNAは過ちを認め、記述とされるものを削減したが、ほかにも問題がある記事・インターネットサイトが次々に露呈。あげくの果て、WELQやレディース向け大手サイト・MERY(メリー)が入った、DeNAのまとめサイト全てを休止する事態になった。

又他の業者のサイトでも支障がある記事・サイトが次々に見つけられており、1社1社が反応にせかされている。リクルートホールディングスでは9日に「アニプラ」など4サイトを、ほかのホームページ上からの画像転用が見られるということで非公開にした。サイバーエージェントも情報ウェブサイト「Spotlight(スポットライト)」の医療関係関連の文章で、意図の的確さを見ることができないものの公表を取りやめにした。10月にはヤフーもレディース向けファッションサイト「TRILL(トリル)」で写真の無断転用が見つかったとしてニュースを除去しいる。KDDI系列会社が管理する「nanapi(ナナピ)」でも、医療や健康に関連した記事を確認することがきっかけで非公開に持ち込んだ。

こういった類のまとめサイトのトラブルは、かねてから通達されていた。とりわけ記事内容や写真を転用しましたことに対する異論は何回も行なわれていたが、記者によるツッコミだったからか各自対応に残っていた。しかしながら今回に関してはプロフェッショナルやネットマスメディアが主体にして精査をし、会社組織全体の問題点であることが明白になったということからマスコミが圧倒的に案内。それによって1社1社がまとめサイト事業トータルの再検討しを開始している。