WELQのサイト閉鎖の経緯とは?

DeNA「WELQ(ウェルク)」停止…まとめサイトの問題と経緯は

医療系サイト「WELQ(ウェルク)」ばかりかDeNA(ディー・エヌ・エー)が管理するまとめサイトで間違えた記述やコピーライト無視の転用がどんどんと探し出され、休止に必要に駆られた。

ライバル会社のウェブサイトでも、信憑性を欠いたり、無断転用したりした記述が発見され、救急処置に追われるなど、影響が広がりを見せている。バックグラウンドには「広告至上主義」「検索エンジンの上位表示スキル」の難がある。(IT記者・三上洋)

正しくない目次、コピーライト無視の転用・盗用

一流IT企業・DeNAが12月7日に記者会見を開き、マネジメントしていた10のまとめサイトストップと、間違えた医療記事・記事盗用等においてお詫びした。会談の中でDeNA最高経営責任者社長兼CEOの守安功氏は、記事内容に良くないことがあったこと、他サイトからの記述の適切でない引用がありましたことを容認してお詫び行なっている。

引き金になったのは、医療系サイト・WELQの中身だった。10月末に「死にたい」というフレーズでGoogleググると、WELQの広告記載記事が一番に記されていることが論点となった。記事は転職サイトの宣伝に流し込むものであって、「死にたい」といったキーワードで検索1ページ目に表示されるふうにページが出来上がっていた。

こういった論点がきっかけになって、WELQが徹底的に検証されることに繋がる。医療業界に精通したコラムニストの朽木誠一郎氏、検索エンジン最適化(サーチエンジンの上位に見られるための適正化)のプロである辻正浩氏、IT補佐の永江一石氏などが、WELQの中身や他のウェブサイトからの転用や盗用といった問題を研究。それを踏まえてネットメディア大型店のBuzzFeed(バズフィード)が、インサイドマニュアルを得た告発記事が出た。

そうした尋問によりDeNAは過ちを認め、記述とされるものを削減したが、ほかにも問題がある記事・インターネットサイトが次々に露呈。あげくの果て、WELQやレディース向け大手サイト・MERY(メリー)が入った、DeNAのまとめサイト全てを休止する事態になった。

又他の業者のサイトでも支障がある記事・サイトが次々に見つけられており、1社1社が反応にせかされている。リクルートホールディングスでは9日に「アニプラ」など4サイトを、ほかのホームページ上からの画像転用が見られるということで非公開にした。サイバーエージェントも情報ウェブサイト「Spotlight(スポットライト)」の医療関係関連の文章で、意図の的確さを見ることができないものの公表を取りやめにした。10月にはヤフーもレディース向けファッションサイト「TRILL(トリル)」で写真の無断転用が見つかったとしてニュースを除去しいる。KDDI系列会社が管理する「nanapi(ナナピ)」でも、医療や健康に関連した記事を確認することがきっかけで非公開に持ち込んだ。

こういった類のまとめサイトのトラブルは、かねてから通達されていた。とりわけ記事内容や写真を転用しましたことに対する異論は何回も行なわれていたが、記者によるツッコミだったからか各自対応に残っていた。しかしながら今回に関してはプロフェッショナルやネットマスメディアが主体にして精査をし、会社組織全体の問題点であることが明白になったということからマスコミが圧倒的に案内。それによって1社1社がまとめサイト事業トータルの再検討しを開始している。

【要注意】スキンケア大学マークに信頼性はありません!

スキンケア大学といえば、スキンケア商品だけでなく、美容に関する情報を医師監修の元、無償で提供してくれるサイトです。

お肌に関する悩みや調べたいことを検索すると、ほとんどのキーワードでこのサイトが出てくるのではないでしょうか。

医師監修ですし、その医師の名前や顔写真がしっかり見ることができるので、信頼性は確かにありそうですよね。

しかし、以前記事にした監修医師のタレコミにより、スキンケア大学の本性が露わになりましたね。

今回のスキンケア大学についてのお話です。

ネットでスキンケア商品やコスメを調べてみると

「スキンケア大学で取り上げられました!」

「スキンケア大学で人気の〇〇!」

みたいな広告を見たことありませんか?

↓こんなマークです。

あたかも信頼性の高そうなマークですよね。

厚生労働省!

とか

試験検査機関!

とか

ドクターが所属する!

といった我々消費者に安心感や「めっちゃすごそう…」といった印象を残す単語の数々。。。

しかし、しっかり読み解いていくとそんな誇らしげに言うマークではありませんでした(笑)

株式会社ブルームと検査基準とは?

試験登録機関について調べてみると確かに株式会社ブルームは厚生労働省に求められている機関のようです。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/topics/tp050825-1.html

平成16年3月30日に登録されているようですね。

確かにこの期間は厚生労働省に認められているということについては正しいようです。

しかし、ここで問題なのは、スキンケア大学で定める基準です。それが明確化されていないんですよね。

例えば、JISマークだったら「こういう基準を満たしています」といった基準が明確化されています。

消えたスキンケア大学マークの詳細

以前、一時炎上したスキンケア大学ですが、その影響からかスキンケア大学マークの詳細ページを削除したようです。

↓のページが以前はアップされていたスキンケア大学マークについて書かれていたページのURLです。

http://www.skincare-univ.com/scu-mark/

まるで雲隠れのようですね(笑)

しかし、世の中には便利なツールがあってWEB魚拓という過去のサイトの情報を閲覧することができるサイトがあります。

それを使って上記のページを調べてみたところ、やはりありましたねー

https://web.archive.org/web/20170421014004/http://www.skincare-univ.com/scu-mark/

↑このページがスキンケア大学マークのWEB魚拓です。

ふむふむ、確かによさげなことを書いてありますなー

んっ一番下を見てみてください…

しかし、下にちっちゃく「商品の効果・効能または安全性を保証するものではございません」って書かれています(笑)

結論、スキンケア大学マークは

商品の安全性や効果を保証していない!

何かあった時は販売店の責任だよ!

というインチキマークでした(笑)

まとめ

日本人によくありがちなのが、ネットで有名だから買うとか。

こんなすごいサイトに載っているから良い商品だろうとか。

頭を使わずに短絡的に商品を買ってしまうことが多いです。

スキンケア大学はそのような日本人の消費者心理を巧みに操作し、あたかも安全性や効果がすごいと思わせるだけの意味のないマークです。

ここからは完全な私の予想なので、読まなくても結構ですが、恐らくメーカーからギャラをもらってマークの掲載許可をしていたのではないかと。

化粧品メーカーも商品を売るためには信頼性が大切ですかならね。

大手メディアに掲載されているという実績がほしかったのではないでしょうか。

ヘルスケア大学の検索順位が落ちたGoogleの健康アップデート

Googleが昨年2017年12月6日に健康アップデートと呼ばれるアルゴリズムの変更を行いました。

それにより、アフィリエイトサイトだけでななく、様々なサイトの順位が低下しました。

その影響を正面から受けたのが、スキンケア大学内のヘルスケア大学でした。

健康アップデートはどのようなアルゴリズムの変更だったのか

今回の健康アップデートで検索順位を落としたのは、アフィリエイトサイトはもちろんのこと、ヘルスケア大学やいしゃまちなど健康や医療に関するまとめサイトでした。

この影響は医療分野だけではなく、サプリメントや健康食品などにも波紋を呼びました。

しかし、この影響下の中、むしろ検索順位を大幅に上げたサイトも沢山あります。

それは、医療機関や国や公官庁、医療機器メーカーのサイトです。

後述するアルゴリズムの変更の背景から考えると、今回のアップデートは多くのサイトの評価を下げたのではなく、医療機関などの専門サイトの評価を一気に高めたのではないかと思います。

 

健康アップデート実施の背景

医療分野や健康に関する情報に関しては正しい専門的な情報が大切になります。

よくテレビ番組でもありますが、特集した商品がバカ売れしたり、実はその情報には根拠がなかったというようなこと。

これは昨今ものすごく問題になっていました。

やはり正しい専門家が発信する情報でないとその情報に流された多くの被害者を生んでしまいますし、それをGoogleは恐れたのでしょう。

もし、誤った情報で健康被害が起きたとして、その責任の矛先はもちろん、誤情報を流したサイトですが、検索順位で上位にしてしまったGoogleにも少しの責任はあるでしょう。

一昨年閉鎖されたキュレーションサイトのwelqでは、誤った情報が検索順位の上位に乱立してしまっていることが問題となり、閉鎖に追い込まれました。

これは日本だけでなく、全世界のサイトでも同じような現象は起きていたでしょう。

それに歯止めをかけるためにGoogleはようやく怒りの鉄槌を食らわせたということですね。

ヘルスケア大学は医療機関サイトではない

今回のGoogleによる健康アップデートで、ヘルスケア大学の検索順位は大幅に落ちました。

つまり、Googleからするといくら医師監修と書かれているヘルスケア大学だとしても、医療機関サイトと認めていないわけです。

先日投稿した記事でも紹介している通り、特に最近の記事の質はかなり低くなっているという評価です。

皆さんもヘルスケア大学の記事をすべて鵜呑みにするのではなく、本当に自分の知りたい情報は、医師に診察を受けて正しい生の情報を聞くようにしてください。

劇薬ホメオパシーを認定するスキンケア大学はおかしい!

前回書いた記事の続きになります。

ホメオパシー信者の場合は、日本国内はまだまだ拡大の余裕がある儲かるマーケット?

僕自身は代替え検査とか補充診査、または総合診査という名の体験が元の、または語り継がれた民間伝承治療法のすべてを認めないつもりは、全くございません(おとなの態度ということじゃなく、これお世辞抜きです)。けれど、ホメオパシーに関し熟知している方があまりなくて、下手すりゃ生死にかかわることであります。日本国内にホメオパシーの知名度は随分低レベルなということです。

厚生労働省資料 「統合医療」をどんなような理念と決めて受け止めることが肝心か より 5.5%の人間がホメオパシーを熟知している、一口に言うと我々日本人の95%ちかくが知識がない代替医療だったりします。このホメオパシーをピックアップする説明文になると絶対にと広言して

◎ホメオパシーはアメリカやヨーロッパではメジャーなケアであり、健康保険も用いられています
みたいな感じとなっているそうです。この説明内容に「ホメオパシーって日本以外では支持されている治療法なんだ」と思い過ごしをやってしまう方が近いうちに国内に次々に登場することも想定されます。

ホメオパシーの危険性、これをスキンケア大学が斡旋しちゃ危ないぞ!!

ホメオパシーにプラセボ効果は希望が持てますが(かなりおとなになってきたかな)、ホメオパシー信奉者さんは絶対にこの一口コメントを追加ます「薬ではない為副作用もなく安心よ」と。しかし、これは目に見えて真実と抗するワードです。日本においても「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」と称されているホメオパシー崇拝者さんが元となる悲惨なトラブルが発生しています。さらにアメリカ合衆国でもこのような事件に陥っています。

http://arstechnica.com/ より ホメオパシーに活用されるレメディーという薬(?)が原因となって幼子が以前10名絶命して、400人位に健康被害がわたったとの知らせようです。

毒物にも薬にもなっていない

◎ホメオパシーを使用しようが、使用してまいが、該当者の自己の責任という理解の仕方も存在するでしょうが、ちびっこに選択権は皆無だと言えますね
そんなホメオパシーを用いたコスメに「スキンケア大学マーク」の使用を許可するスキンケア大学、ウェブサイトそのものの信憑性を疑ってしまうでしょう。

【注意】スキンケア大学マークだからといって信頼性は高いとは言えません

健康知識ウェブサイトの信憑性が揺らめいている昨今ではとなります。ドクターが監修していることをセールスポイントにしているスキンケア大学、ここのサイトちょっとだけヘンです。お医者さんが責任を持って情報を提供すると信じ込んでいると、こんな感じの危険が存在します。

◎スキンケア大学マークを入手したホメオパシーが含まれたコスメ!!なんだこれは??
スキンケア大学が独自に証明?したお化粧品はスキンケア大学マークをつけることが可能だそうです。しかし、どれほど独自の規準で審査していてもホメオパシーを盛り込んだお化粧品はそこそこやばいかも知れません?

記述からして、初心者っぽさが読み取れます。いなかのいたいけない小規模の化粧品企業を「スキンケア大学マークはいかがでしょうか?」的に導き込んだのでしょうか、スキンケア大学さん。そのマークを獲得した化粧品会社はこんな風に豪語しています。

http://item.rakuten.co.jp/dream-one/02/ より スキンケア大学よりスキンケア大学マークをゲットできていることを目に見えてセールスポイントのひとつとしています。JASマークなどの実証済みマークと同じ様にイメージしてしまうお客様の錯誤を想定したとしたか考えられません。

閉鎖した健康情報ウェブサイトにくらべて悪徳かもね、スキンケア大学独自の特定マークというのは。

スキンケア大学は私だって監修したことだってありますし、オリジナルな文案も提出してたことだってあります。たくさんの人に肌ケアに関した正当なデータをわかったとしてもらいたい、との職員の意気ごみにほだされてタダで協力関係を保ちました(あのここで間違わないで欲しいのですが、私は善人じゃありませんz)。監修課題を嘆願されると、一から自らが書きこむより煩わしいため今の時期はキャンセルしています。

現在でもたくさんのお医者さんに監修を望むというスキンケア大学で「スキンケア大学マーク」などと言うものがまかり通っている事実を、善意で協力関係を保ちたお医者さんたちは知っているだろうか?
そのスキンケア大学マークですが、使用上の注意が掲載されているのです。

※スキンケア大学マークはオリジナルな規準でコスメをピックアップしているのですが、『診察実験は製造会社様(取扱店様)から提示されていた情報に基づいて遂行しており』物品の効き目・効果効能または安全を請け負うものではないのです。

http://www.skincare-univ.com/scu-mark/ より引用 品の効き目・効果効能を裏付けしたら薬機法違反の疑いがかけられるので、裏付けしなくても当然です。しかしスキンケア大学マークの説明として

コスメ問題可能性をわずかでも減少するからこそ、スキンケア大学が決定するオリジナルな基準をパスしたものに持たせるのが「スキンケア大学マーク」というものです。

http://www.skincare-univ.com/scu-mark/ より引用 初っ端で顧客が問題をなくすからこそ確立されたスキンケア大学マークとうたっておきながら、下にほんのわずか、保証しない。これは相当不合理しているそうです。顧客はお医者さんが大勢協同しているスキンケア大学のサイトになる、そのウェブサイトが課したスキンケア大学マークのついたお化粧品を高めにジャッジするような道筋へ間違えた手引きに取り組んでいるとしか思えません。

いたいけないなかの弱小お化粧品企業がスキンケア大学さまより手に入れたスキンケア大学マークを全体に記載しだしたバナーをしても、私自身はそれほどきつく非難する心中はございません(ちょっとだけおとなになってきたかも)。しかし、ホメオパシーを盛り込んだコスメにスキンケア大学マークの利用を許可するスキンケア大学もおかしいぞ!!